Editor's letter
季節のテーマ
一緒だから楽しい
五感が満たされる癒しコース
旅行情報
SEASON TRAVEL bg Theme 1  .  Theme 2 SPECIAL TRAVEL POINT TRAVEL THE TASTE OF JEJU TOUR TIPS!
最近ホットなレシピ
済州の味 済州の味 ①: 黒牛・百年草 黒牛・百年草 facebook blog
HOME 검색 분류
bg 简写  .  繁体
TOP
黒牛・百年草· ミナミアカザエビ・マダコ 블로그 전송 카페 전송 밴드 전송 카카오스토리 전송 페이스북전송 트위터전송

最近ホットなレシピ

最近、済州には済州島固有の材料で作った料理が人気を集めている。済州島を代表する食材で全国民、全世界人の口を楽しませている済州のレシピを紹介しよう。






韓国を代表する牛肉の味、黒牛
黒牛は昔から王に進呈されていた貴重な食材だ。『朝鮮王朝実録』『耽羅巡歴図』『耽羅紀年』などの古文書に祭享や献上品として供出された記録があるほど、その歴史が長く文化的価値も高い。『中宗実録』に「民間には黒牛が少ないが、黄牛は容易に得ることができる」という記録が残っており、『承政院日記』には「臘享大祭に使われる済州の黒牛が不足しているため忠清監司に黒牛を送れ」という記録などもある。黒牛に対する最も大きな誤解は、日本の和牛が黒牛の元祖だというものだが、黒牛は日本による植民地時代に奪われた済州島の純粋な在来品種だ。2013年7月22日、天然記念物第546号に指定され、現在は畜産振興院、暖地農業研究所、畜産農家などで数百頭が飼育されている。一般の牛と同じ量の飼料を食べても肉が付き難く、飼育期間が長くて経済性が落ちるためあまり飼育されていないが、肉質が柔らかく肉汁も豊富でその味は比較できないほど美味しい。



黒牛・百年草

黒牛焼き牛肉の美味しい食べ方は、炭火焼きだ。外側だけカリカリになるほど焼いて噛むと牛肉特有の肉汁が口いっぱいに広がる。肉質は脂肪が少ないのに柔らかく、一般の韓牛より更にさっぱりした味を楽しめる。最後に残る香ばしいバター味も絶品だ。
黒牛粗挽きカルビ焼き黒牛をより大衆的に食べられるよう作られた料理だ。粗挽きカルビ焼き特有の甘い味が箸を進ませる。口に入れるとトロリととろけるやわらかい肉汁も絶品だ。第13回ソウル国際フード&テーブルウェア博覧会の「ソウル国際フードグランプリ」創作韓食料理部門で大賞を受賞した。


黒牛焼き・黒牛粗挽きカルビ焼き
コムンスェモルゴオヌン住所済州特別自治道 済州市 新大路20キル 27お問い合わせ+82-64-712-1692




黒牛・百年草



味と健康を同時に充足できる、百年草
百年草は手のひらのような形をしたサボテンで、様々な料理に入れて食べる健康食品として注目されている。100年以上生きる植物または百の病を治すという意味で百年草と呼ばれ、長寿の象徴として知られている。メキシコが原産地だが、済州で食用栽培され始めたのは1990年代初旬だ。百年草は一般的に直接食べず粉にして料理に入れて食べ、料理にさっぱり感を加えることで美食家たちを魅了する。食物繊維、カルシウム、フラボノイド、ミネラルなどの成分が豊富で、便秘とダイエットに効果がある。



黒牛・百年草

百年草にゅうめん冷たい百年草入り大根の水キムチに百年草の粉を入れてつくったコシのある素麺を入れて食べる百年草にゅうめんは、特有の甘酸っぱい味で食べる人の心を掴む。スープまで飲み干せば、体が一層健康になった気がする料理だ。
百年草ハンバーガーハンバーガーはファーストフードという偏見を打ち破る料理だ。百年草エキスが入ったハンバーガーのパンに、特有の歯ごたえがある食感の黒豚でパテを作った。一般のパンより発酵時間が長いパンはふっくらやわらかく、百年草の酵素を入れて作ったパテはしっとり美味しく、百年草の香りが深く染み込んでいる。


百年草にゅうめん
トンヒャンギ住所済州特別自治道 済州市 観徳路15キル 30お問い合わせ+82-64-724-0228(デザートとして提供)

ソニンジャン食堂住所済州特別自治道 済州市 翰林邑 月令アンキル 14 お問い合わせNo TEL


百年草ハンバーガー
シンスバーガー住所済州特別自治道 済州市 翰林邑 翰林路 42お問い合わせ+82-10-3777-5574



黒牛・百年草

페이스북 인스타그램 블로그
VISIT JEJU 구독신청 과월호
페이스북 인스타그램 블로그
Jeju Tourism Organization
発行人 | Hong Bae, Park     発行處 | 済州観光公社     発行元 | (63122)済州特別自治道済州市ソンドク路23(連洞) 済州ウェルカムセンター
TEL | +82-(64)740-6000     企画・デザイン | (株)ソンウアドコミ
COPYRIGHT (C) Jeju tourism organization. ALL RIGHTS RESERVED.
申し込む

 以下の事項を入力してくださ
 いウェブマガジンをメールで
 受け取ることができます。

Name
 
e-mail  
 
X
全号を見る

X
Search

X